Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりあえず仮更新ということで「聖王協会のいたって普通の日常2」

涼香さんの声が聞ける土曜日夜ってなんかいいよねw

ということでこんばんは

今回は続きと行きたいところですねw

はい、追記~
とりあえず仮更新ということで「聖王協会のいたって普通の日常2」
そういえばこの前、くっついたまんま紹介されてたけども、タイトルいっそ「とりあえず仮更新ということで」って付けてしまおうかw


とまあ本文どうぞ~


セインがディードに連れられて厨房、もとい調理机が多数ある調理場へと足を踏み入れる。

「あ、オットー早いねー」
「……はい」

オットーが無言なことはいつものことだが今は普段よりも輪にかけてしゃべらない、ような気がするセイン。
なにかあったのだろうかとも思うが、特に思い当たる節もないのでそんな考えは頭から投げ捨てた。

「もう準備ばっちり?」
「……まあ」
「ありがとうございます、オットー」
「おいしそうだね~」

調理台の上にはクッキングペーパーやボウルや材料etc……
つまりはすぐに料理を始められる状態になっていた。
なぜか溜息と共に陰湿な視線を送ってくる双子たち。

「おおっと、おねえちゃんにそんな目をむけちゃいけないってギンガさんが言ってなかったかな?」
「言ってませんね」
「うん」
「ま、まさかの即答……」

少しへこたれるセインだが、ここは最年長ということでへこたれている場合じゃないと奮起!
もとから半袖のシスター服の袖をまくる。

「さ、さて、あたしはクッキーの何を作ればいいんだっけ? 型抜き? それとも生地作り~?」
「姉さま。いい加減にしてもらわないと私たちも困ってしまいます」

無表情なだけに何がおかしかったかピンとこない。
セインはただ手伝いをしようとして、むしろそのために呼ばれたはずなのにいったい何がおかしかったというのか。

「姉さま?」

んー、とうなっているとさすがにディードから顔をのぞかれる。
結構心配してくれているような雰囲気。

「あー、うん、なんでもないよ」

さすがに忘れたとは言えずにごまかすことにした。
ディードは依然いぶかしんだ顔をしていたがふらふらとその後ろをついていく。
テーブルに並ぶとふと、ディードが胡乱げにセインに振り向く。

「姉さまはこっちではなく……」
「え、あ、ああ、こっちじゃ狭いか。材料ちょっと持ってくね」
「姉さま、ふざけてらっしゃいますか……?」
「へ?」

ディードが、静かに怖い……
聖王教会が昼から夜に変わったみたいに。
ただただ広くて暗い静寂な空間、そこで些細な物音が起きたような、そんな不気味な恐怖。
やばい、これはやばいと冷や汗がほほを伝う……
一瞬、目の前を何かがひらめいたように真っ白になったかと思うと頭の中にスパーっと忘れていたことを思い出した。

「あ、あ、ああ~~~~~~っ べ、別にふざけてなんかないよぉ~、今からちゃぁんと言われたことしようと思ってたよぉ~?」

まるっきりふざけつつ持ち上げようとしたボウルやら材料やらを元の場所に戻してカップの入った棚を開ける。
自分の顔どころか外の風景まで反射してしまうくらいにピカピカなカップをみてニヤッとし、とりあえずはカチャカチャと鳴らしながら山になったソーサーを取り出す。
あとはつぼに入った角砂糖にティースプーン、持っていくためのお盆も忘れずに。
だがここで考える。
はたして何個用意すればよかったのかと……

「あ~、うん、まあ組んでみてからでいっか」

とりあえずお盆一つくらいならそれなりに簡単にできるし戻すのも楽だ。
それに今のディードにはなしかけるのはほとぼりが冷めるまで待ちたい。
結局何人のお客さんが来て、いつ何個のお茶がいるのかというのがわからない状態でとりあえず乗るだけ乗せてみようと決心したセイン。
ひとまず山になったソーサーを隙間がなるべくできないようにお盆に並べていく。
ソーサーを並べ終わると次はカップ。

「かちゃかちゃカップはいっこ にこ さんこ~♪」

つい効率とおもしろさを合わせて節をつけて歌ってみたり。
はてさて、ディードに怒られそうだったけどお茶出しはうまくいくのだろうか、少し不安を覚えつつ並べ終えた。





さて、どんなもんでしょう
今回はこんなかんじっ!
眠いから寝る!@AM04:34
ではでは~
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://featherjareru.blog79.fc2.com/tb.php/128-239d7970

«  | ホーム |  »

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

風切 羽

Author:風切 羽
あるチャットに出入りしてます
リクエスト受け付けているので是非
ちなみにこのブログはリンクフリーです
ご用の方は
hane.feather☆live.jp
☆を@にメールをどうぞー

 

FC2カウンター

 

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QRコード

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。