Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近1時間書きというものをやりはじめてー

で、最初にかいたのは6日でしたー

そんで、今回の作品は「りぜるまいん」です。

みんな知らないんではないかと思いますが、ちょっとこの前なのトラ行ったときに泊めてもらったところで話数をみたので思い出しついでにw

ではどぞ~ 陽気の漂う昼下がり、ボロさの目立つ岩城家二階。
そこで友紀が珍しく本棚から本を引っ張ってきていた。
胡坐をしながら眺めているところにリゼルがちょこんと乗っている。
キツネのしっぽみたいにふかふかなツインテールにくりっとした大きな瞳。
短いうでは伸ばしきっても友紀の背中には回らないだろう。

「ダンナさま、なんだか今日はやさしいね」
「ん、当然だ。俺はおまえの旦那でお前は俺の妻なんだからな」

本をめくっていた友紀の腕が後ろからやさしく回される。
体を丸めるようにしてだから、こそばゆさがリゼルに生まれる。

「ダンナさまに初抱きすくめられ~っ」

しあわせいっぱいにえへへ、と笑みがこぼれる。
動けないほどに抱きしめてくれるなど、いつもの友紀では考えられない。
それだけに感激もひとしお、というわけなのだが。

「ダンナさま、積極的ぃ~、やぁん、そんなことしちゃやぁ~だ~」

もそりもそりと動き回る為に友紀も押さえるのが大変になっていく。
それが普通なのだが、この友紀はどうももがけばもがくほど抱きしめる力がより強くなっていくようなのだ。
いい加減に、暴れ疲れたリゼルが目を回し始めた時だった。

「お前は黙って寝てらんねぇのか!」

回していた目を開いてみれば、至っていつもの天井が見える。

「んにゅ? あ、ダンナさま!」
「『あ!』じゃねぇよ! っていうかなんで俺の部屋でそんなわけのわかんねえかっこしてんだ!」

余裕がありすぎる大きなTシャツにちらりちらりと見え隠れする未成熟な太もも。
そう、下は今のところ何もはいていないように見える。
青少年には少々どころか成長の妨げにもなりそうな刺激の強すぎる格好。

「ふぇ? だってこのかっこでいたらダンナさまが喜ぶって言ってたよ」

無邪気にツインテールに留めている大きな円盤を犬のしっぽのようにぱたぱた。

「誰が、んなバカなこと言いやがったんだ……って親父か!」

いくら露出度が高かろうと、一二歳程度の幼女なんぞには欲情しない友紀。
軽く頭を抱えるものの、その幼い姿に視線を投げる。
友紀の部屋にいかがわしい写真を隠したという前科持ちの実の父である。
完全にそういう馬鹿なことを吹きこんでいるに違いない。

「あぁもう、あんの親父、ろくなこと言いやがらねぇ」
「ねぇねぇダンナさま」
「あぁ?」

ちょいちょいと服の裾を引っ張るリゼルに面倒くさそうに振り返る友紀。
親父のところに行って文句を行ってやらないとたまらない状態なのだからリゼルなんかにかまっている暇はないのだ。
それに疲れる質問が来ることもわかっているし。

「リゼルのこういうカッコ、やっぱり好きなの?」
「だーまーれ、そんなもん好きなわけねぇだろ。つーかお前が寝てるせいで俺が寝る場所がねぇんだよ。とっととどけ」

あまりに予想どおりな質問に辟易。
必要以上に体力を削られていった気さえする。
叫びすぎたせいもあるし、親父に何かを言うのも今さらだし馬鹿らしくなった。

「リゼルと寝るの、イヤ?」

極めつけがこれだ。
全くわけのわからねぇ質問を何度も何度もオウムみたいに繰り返してばっかり。
毎回毎回答えてやってるのに理解しようとしやがらねぇ!

「イヤに決まってんだろ! お前みたいなガキくさくて女くさいやつなんかと一緒に寝てたまるか、こんのぶぁーか!」
「ふぇ、そんな……」
「お、おい、ちょっと待て、リゼル! 泣くなぁ!?」

彼女の大きな瞳から大きなしずくがこぼれると、


   とんでもない爆発が起きた。


また、岩城家倒壊に一歩近づいた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://featherjareru.blog79.fc2.com/tb.php/187-b730f9a7

«  | ホーム |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

風切 羽

Author:風切 羽
あるチャットに出入りしてます
リクエスト受け付けているので是非
ちなみにこのブログはリンクフリーです
ご用の方は
hane.feather☆live.jp
☆を@にメールをどうぞー

 

FC2カウンター

 

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QRコード

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。