Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エア夏コミ1日目

さて、みなさん夏コミには行きましたか―?

1日目でしたね―

そうですねー、このサイトはいまから夏コミですよ―?

さって、エア夏コミ1日目はこれでいきましょうか


『焼けばいいのだ』


では、続きからどうぞ~





――エルトリア――
うっそうと茂った森の上、真っ青な空を漂う少女たちが二人。
「あ、ねえねえシュテるん」
「なんですか?」
シュテるんと呼ばれたのは彼女、星光の殲滅者ことシュテル・ザ・デストラクター。暗い紫をベースにした、制服のような防護服を着ている。
そのシュテルが相方、雷光の襲撃者、レヴィ・ザ・スラッシャーの呼びかけに答えつつ円を切り取ったような滑らかな軌道で空を駆ける。
「焼き鳥って知ってる?」
レヴィの素朴な質問だった。
その疑問に少々あきれつつも、シュテルは自身の記憶から“焼き鳥”の情報を引っ張り出した。シュテルはレヴィのこの程度の疑問は早めに解消しておかなければ、後々自分に厄介なほど大きくなって返ってくる、と身をもって知ったばかりだった。
「一般的には鶏肉を食べごろな大きさに切って串に刺し、塩やたれなどをかけて食すものですね」
「お、あったりぃ~」
レヴィのまぶしげな笑顔にシュテルの顔は逆に曇る。
どうして知っているならばわざわざ聞いたんだ、と。
テンションに任せたのか、シュテルのなめらかな曲線を描く飛び方とは正反対の、一気に直線を連続的に引くような荒々しい飛び方でレヴィはその場を離脱する。置いていかれそうになるも、シュテルも別軌道で後を追う。
「それで、焼き鳥がどうかしたのですか」
追うのも少々めんどくさそうにシュテル。
しかしそんな事とはつゆ知らず、レヴィはにこにこした笑顔でシュテルを見る。
「それがさぁ、すっごく食べたいなって思ったんだ」
思いつきを口にするのは彼女にとってはいつものこと。それをエルトリアの住人たちはよく知っている。
けれどしかし、シュテルとしては時と場所を改めることくらいはしてもらいたいといまだに思っているのである。そう――
「そうですか。しかし、それは今でなくてもいいのでは?」
山のごとき大きさの、怪鳥と呼ぶにふさわしい魔法生物を相手にしている時くらいは、と。
「あはは、まあ食べたくなっちゃったものは仕方ないって」
「……仕方ありませんね」
真剣勝負を好ましいとするシュテルとしては緊張感に欠ける、と感じるところはあるものの、こういった雑談を交えつつ戦っていてもレヴィの強さは鈍らない。それどころか心配事がなくなって勝負に集中できるのか、技や体のキレが鋭くさえなるように見える。
自分とは違う概念(コンセプト)を持っていることで、こうも違ったものかとシュテルの胸に懐疑的な思考が表れる。だが、それを今は奥へと追いやる。
「それではこの生物を倒してから検討しましょうか」
「うっわーい、シュテるんだいすきー!」
目の前には殲滅すべき敵がいるのだから。
「いっくぞぉー!」


◇◇◇


「さて、それでは帰りましょうか」
「うん、かえろかえろー」
業火を用いた砲撃によって、すべてが決した。
土埃にまみれ、防護服を汚した彼女たちの戦闘は終了を迎えた。
隣に降りてきたレヴィが、戦線に立っていた疲れをほとんど感じさせない声で笑う。彼女にとって待ち遠しいであろう帰宅への一歩を踏み出したところでシュテルが口を開いた。
「忘れていましたが、落ちているもの、拾ってきてください」
「へ?」
首をかしげ、何のことかわからないと言いたそうなレヴィを待って数秒。
シュテルの見ている方向へと目を向けるレヴィ。そしていやな予感とともに指を差した。
それを意に介してシュテルは口元を緩ませてレヴィへと向き直る。
「鳥の丸焼きです」
「お、おぉー! これ、食べるの!」
「はい。焼き鳥には違いありませんから」
「……シュテルって、たまにわからないよね」
レヴィに言われたことに少しばかり心外であると主張をしたいものの、言っても仕方がないと矛先を変える。
「おそらくそこまでおかしな生物でもないですし、食べたらおいしいかもしれません」
「物は試しってやつだね、すぐもってくよー」
走り出したレヴィを見送りつつ、今日の献立と戦果を思い、穏やかな風に顔をそらした。













1日目、終了~
どうでしたかー、短かったですか―?
さて、明日はどんなSSが出てくるか、俟ってる人は待っててねー(*>ヮ<)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://featherjareru.blog79.fc2.com/tb.php/222-624bca79

«  | ホーム |  »

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

風切 羽

Author:風切 羽
あるチャットに出入りしてます
リクエスト受け付けているので是非
ちなみにこのブログはリンクフリーです
ご用の方は
hane.feather☆live.jp
☆を@にメールをどうぞー

 

FC2カウンター

 

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QRコード

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。