Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つくもカップルバレンタイン編 後

さて、連日更新5日(あってるよね?)目~

そしてバレンタインネタ二つ目ーw

今日は昨日とは逆のつくもカップルをお送りしますw

マウスは、もうなんだかツンデレってことで決着しました。


この作り方はMeijiさんのHPを参考にさせていただきました、ありがとうございますm(__)m

ではどうぞー



なんだか近頃はテレビで温暖化だと騒がれていますね。
その影響は冬っていうのに大きく作用してるそうです。
けど遠くにいる人には雪が例年より少ないとかで過ごしやすいんだとか。
ただ、雪を使ったお祭りは大変みたい。
「ちょうなのはさん、ぼーっとテレビ観るんはうちのテレビやなくてもええんやないですかぁ?」
「あっ、ごめん」

そうだった。
私がはやてちゃんの家に来たのは別にテレビ観るのが目的じゃないんだ。

「フェイトちゃんも言うたりや」
「えっ、あの……できれば、こっちに集中してほしい、です」

うぅ……フェイトちゃんにも怒られちゃった。
そうだよね、がんばってチョコ作ってるんだもん。
先生の私が呆けてちゃダメだよね。
えっと、今のところは温めたチョコとクリームと風味付けのためにラム酒を混ぜ終えたところだよね。
カカオ率が高いのってこういうとき便利。
ビターもできるしね。

「そろそろ冷めてきたかな?」
「ええ感じやと思うよ? 誰かさんがテレビに見とれとる間に」

う……そのことについてはほんとに申し訳ないと思ってます。
はやてちゃん、いつにも増して厳しいなぁ。

「はやて、言い過ぎだよ。せっかくお姉ちゃんが教えてくれてるのに」

フェイトちゃんの赤い瞳が伏せがちに私を捉えている。
ありがとう、うれしい。
今はぎゅってできないけど、言葉だけでも私はうれしいよ!

「ま、ほとんどはメモが先生やったけどな」
「もうっ、はやて」

なんだかはやてちゃん、ほんとに厳しい。
やっぱりホームだからかな。
まあメモは私が作ったんだけどね。

「えっと、じゃあ……オーブンシートの上にチョコを取ろうか」

少し大きめのお皿に敷いたオーブンシートにボウルからチョコをすくう。
スプーンで大体の大きさよりもちょっと小さめに。
そうしないとあとでつけるチョコの分、大きくなっちゃうからね。
こういうときはほんとに真剣だね。
ううん、私も別にふざけて作ってるってわけじゃないけど、なんていうんだろう……相手を思う気持ちが伝わってくるって言うのかな。なんだかあったかいきもちになれる。

「よし、できた」
「じゃあ、あとはゆっくり冷蔵庫に30分入れておこうか」

私のとはやてちゃんのとフェイトちゃんので、みっつのお皿を流れ作業で冷蔵庫に入れていく。
そしていったんエプロンを取って二人が待ってるソファに。
小さめなソファとふたりが座っていてもまだ余裕がある大きいソファがある。
ふたりが大きいソファでテレビを見てるから、私は小さいほうにしようかな。

「……」
「……」

なんだか、ふたりから視線が。
これは、私も大きい方に座っていいのかな……?
座る前に気づいてよかった。
ということでふたりの間に。

「ふたりとも、ひとまずお疲れ様」
「うんっ」

腕に抱きついてしなだれてくるフェイトちゃん。
撫でてあげよっかな。
左ではそっぽを向いてるはやてちゃんがなんだかかわいい。
はやてちゃんもやっぱり撫でたくなる子だなぁ。
うん、なんだかふたりともかわいくて……














………………っ、うぅ、ん
あ、れ?

「……んっ」

えと、テレビのじかんは……
ん、ちょっと待って。
えっと、私もテレビを見てて、それがあの時間で……
っっっっっっ!
もう40分!?

「ご、ごめん、ふたりとも」

横になってた体を起こすとそこにははやてちゃんだけ。
なんだかがっかりしたような驚いたような顔をしてる。

「あ、あれ、フェイトちゃんは?」

なぜかはやてちゃんがむすっとふくれてしまったので視線を台所に移す。

「うぅ~……」

泣きそうな顔をして溶けたチョコを手で転がして丸めようとしている。
私もやったことあったな。
あれ、もしかして私メモに書き忘れてたかな……

「あの、フェイトちゃん……」
「おねえちゃ……」

急いで行ってみると何個か固め直しが必要なチョコたちが。
フェイトちゃん、本格的に泣きそうになってる!?
人として間違ってるとは思うんだけど、泣きそうになってる儚い感じがかわいい……
はい、ごめんなさい。
ちなみにガナッシュって言うのは冷やしたチョコのことを言うんだよ。
さて、手を冷やして……と。

「ガナッシュはね、手を冷やしてからじゃないとうまく形を作れないんだ。書き忘れててたみたいで……ごめんね」

首を小さく横に降ってくれる。
優しいな、フェイトちゃん。
二の腕に捲った袖で涙をぬぐってる。
撫でてあげるんだけど、こういうのは、なんかやだな……
何個か、ダメになってるけど……うん、できた。

「はいはい、なのはせんせ、丸めてどうするんです?」

はやてちゃんが冷蔵庫から私の分と自分の分を取り出してくれた。
ころころと丸めていく。
作りながらメモを見て、えっと。

「あ、うん、このあとは……」

コーティング用のチョコをボウルに入れて湯せんで溶かすんだけど、できてる。
はやてちゃん? いや、それにしては早すぎるし……
フェイトちゃんが同時にやってたのかな。

「あとはコーティングしてココアパウダーをまぶせば完成だね」

丸く整えたチョコをやわらかいチョコの海に通していく。
そしてまぶして完成。

「ふぅ、ようやっとできたわ」
「やった、できた」
「ふたりともおつかれさま。なんだか途中寝ちゃってたみたいで、ごめんね」

うれしそうにはしゃぐフェイトちゃんとなだめるはやてちゃん。
なんとかうまくいってよかった。
それにしても、このふたりはすこし対照的に見えるけど笑った顔はどっちもかわいい。

「な、ちょっ」
「あの、お姉ちゃんっ」

やわらかいなあ、ふたりとも。
なんだかまた眠くなりそう……

「せんせっ」
「ん?」

なんだろう、ふたりで顔を見合わせてる。
タイミングを計ってるのかな。

「「これ、バレンタインのチョコです」」

お皿に乗ったふたりのチョコ。

「これ、わたしに?」

私が教えて作ったチョコ。
ふたりががんばってるのを見て、もらえる人は幸せだなって思った。
わたし、だったんだ……

「いや、別に家のみんなにもあげるんやけど、その、フェイトちゃんが一緒にあげようて言うから……」
「ありがとう、ふたりとも大好きっ!」

ばたばた暴れるはやてちゃんも、それを押さえるフェイトちゃんもふたり一緒に抱きしめてあげるんだから。
ちっちゃいけどおっきな好きって気持ち、いっぱいいっぱい伝わったよ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://featherjareru.blog79.fc2.com/tb.php/25-b3947f4b

«  | ホーム |  »

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

風切 羽

Author:風切 羽
あるチャットに出入りしてます
リクエスト受け付けているので是非
ちなみにこのブログはリンクフリーです
ご用の方は
hane.feather☆live.jp
☆を@にメールをどうぞー

 

FC2カウンター

 

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QRコード

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。