Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユニゾン、情報過多

どうも~

今度の更新は時空管理局ラジオ対策のフェイト×はやてのSSです(ちなみに更新一晩で二回目~)

タイトルワケフですね(意味不明ってことらしいですね)

骨組みは出来ていたやつなんですけど、地の分が埋まってなくて発表できてなかったやつですw
身長差について考えてみましたw

ではどうぞ~




はやてはリインとのユニゾンの調整にマリーのもとを訪れていた。
二月に何回かの定期的なものだ。別にユニゾンが出来なくなったわけではない。
案内されたのは訓練室。
お互い、騎士甲冑を纏う。

「しかしわたしとリインの調整も久々やね。がんばっていこか」
「はいですぅ」

通信のマリーにユニゾンを促され、息を合わせるふたり。

「リイン」
「はいです」
「ユニゾン」「イン」

見事成功。
髪と瞳の色が変わり、体の内を流れる魔力の流れが速くなったよう。
この段階でユニゾンを失敗することはない。
これからの調整のために気持ちを引き締める。

「よし、ほんなら模擬戦……」
「ああ、今日は模擬戦じゃないですよ」

気合いを入れて戦闘を開始しようとするはやてだったが思わぬ肩透かし。
たしかに控えている人は誰もいなかったが、それでもどこかにいるんではないかと考えていた。
それならだだっ広い訓練室でユニゾンする必要はあるのだろうか。

「ほぁ!? そんならなにするん?」
「えっと、今回はどこまでユニゾンしていられるかということを調べたいと思います」

ユニゾンした状態で的当てをしてシュートコントロールでも見るのだろうか。
それはそれで辛い。
いや、それとも大技を使ってユニゾンの効率と耐久性を見るのかもしれない。
まああれこれ考えても仕方ない。監督の指示を仰ごう。

「ほう、具体的には?」
「特になにもしません」
「は?」

マリーさんは何を言っているのかな?
そんな疑問がはやての頭をめぐる。
もちろんユニゾンしているリインの頭の中でも。

「だから別に特別なことはなにもしません。日常の生活をしていてください」
「……そんなんでええの?」
「はい」

あっさり言うマリーがにくい。
いったいあそこまで足を運んだのはなんだったのか、六課へとはやてはユニゾンしたまま舞い戻った。

「うちだけ制服やないんかぁ。なんやちょいはずいなぁ」

廊下を歩いているとなんとなく独り言が口をつく。
別段何を意識したと言うわけでもないのだが、それが独り言だ。
実際、制服でないものなどなかなかに多いのだが、普段から制服を着ているはやてには少し浮いて感じられるのだろう。

[そうですかぁ?]
[リインは見えんからいいけどなぁ]

精神リンクを通してリインが話しかける。
独り言を言う隊長というのもいるとは思うが、近寄りがたい。
そんな部隊長を目指しているわけではないため、はやても精神リンクを使う。これは念話と同じようなものなので使いやすいのだ。

[でも今日は検査ってことでお休みじゃなかったですか?]

そう。長引くと思って休暇としていたのだ。
それが半日もかからずに日常を過ごしてほしいと言う。
やはり仕事に戻るしかない。

[ふぅ、甘いなリイン]
[なにがですか?]
[わたしが休みだといろんな許可とか申請印とかたまってしまうやろ? フェイトちゃんに任せはしたけどわたしが部隊長や。ちゃんとした書類はわたしだけしかこなせへんよ]
[あぁ、なるほど]
[それに、みんなの負担を減らすように出来ることをやらなあかん]

なんだかんだと言いつつ、正直な話、家に帰ってもすることがほとんどないのだ。
だからこうして六課に戻ってきて自分の書斎の前にいる。
その入り口のドアが自動で開く。

「お!?」
「あ!?」
[い!?]
[「い」ってなんやねん]
[なんとなくですぅ]

そこにはフェイト執務官。
それぞれが思い思いの驚きの声を上げた。

「あれ、今日はお休みじゃなかったっけ?」

振り返ったフェイトは目をしばたたかせて驚いているようだ。
手には淹れたてのコーヒーが湯気を昇らせている。

「いや、うちにいてもすることなくてな~」
[さっきはみんなの負担を減らすように出来ることをやらなあかん、て言ってたです]
[余計なことは言わんでええの]

なぜかフェイトには正直なはやて。
書斎の床に足を乗せてリインからの非難は簡単にいなして済ます。
しかし、簡単に正直といったがそうでもないかもしれない。
彼女の本心がどちらにあるかということは彼女自身にしかわからない。

「ユニゾンの調整?」
「ん。ま、そんなとこや」

はやてが騎士甲冑に身を包んだ理由を見透かすように問いかける。
さすが二児のお母さん。
近頃はなんだか色っぽいというか頼りになるようになったというか。
いや、頼りがいは元からあったのだが、安定したというのだろうか。

「あんまり無茶しないでね」
「お、コーヒーありがと♪」
「「…………」」

はやてがコーヒーを受け取って席についた。
フェイトは新しいコーヒーを淹れに動く。
その様子を見ながらコーヒーをひとすすり。

[……なにか話さないんですか?]
[だって話題ないしなぁ……そういえばフェイトちゃん近頃きれいなんよな。肌もきれいやし、なんていうか、体のラインもっ]
[……駄々漏れですぅ]
「「…………」」

コーヒーを机に置いてしなだれるはやて。
書類仕事なんて手につくわけもなく、フェイトがコーヒーを淹れる姿から目が離せなくなっている。

「そうだ、はやて」
「な、なに!?」

カップにコーヒーを注いだフェイトが振り返って問いかける。
ぼーっと見ていたはやては呼ばれていることに気付かずに、言葉につまずきながら体を起こす。
まるで授業中に眠っていた学生のようだ。
その様子に先生は小さく笑う。

[恥ずかしいです]
[うるさいわ]
「ちょっと立ってみてくれない?」
「は?」

よくわからない質問だ。
両ひじをついて従わない意思を見せてみる。

「ほら早く早く」
「な、ちょっ」

後ろに回ったフェイトはキャスター付きのイスをはやてごと机から引き抜いて、はやての正面になるようにくるくるとイスを回す。
何回かまわすとはやての顔も蒼くなり、脇に手を差し入れて立ち上がらせる。
小さく悲鳴めいた声を上げたのは聞こえなかったようだ。
無理やり立たされたはやては不満げである。

[ほわ~、軽々ですねぇ]
[…むぅー…]
「やっぱりさ、はやてってちいさいよね」

話しながら伸びる手が意識の外からやってくる。
頭の上に降りるとやさしく撫でつける。

「ちょ、いきなりなにを……」
[頭撫でられるのきもちいいです。あったかくてやさしくておちつくです]
[……]

嫌がってみるけど、具体的には動かない。
リインも別にいいみたいだし、と妥協しているのだろうか。
フェイトも実に満足そうだ。

「そ、そないなことされるほどわたしは子供やないんやから。それにわたしだってフェイトちゃんの頭くらい撫でれ……」
「……っん」

はやてがむきになって手を伸ばして背伸びをすると見計らって同時にかがむフェイト。
お互いの柔らかい場所が触れ合う。
伸ばした手を引っ込めて胸の前で縮こめるはやて。

「ふふふ、やっぱりはやてはちっちゃいまんまがいいな」
[あの、リイン、今の初めてなんですけどなんだか頭がぼうっとします]

微笑むフェイトにはめられたとわかったはやては、どうにかこんがらがった頭で言い返そうと言葉を探す。
リインにかまっている余裕なんてない。

「っ、ずるいわぁそんな……」
「そんな顔しないで、ね?」
[大丈夫です?]
[う、うん]
[でもなんだか、胸の奥が温かくて、うれしいです]

なんか、泣きそうな声を出してしまう。
フェイトの両手がほほを挟む。
まるで子供に言い聞かせるようだ。
リインも伺うようであるが、うれしさを伝えてくる。

「それじゃ、そろそろわたしはおいとましようかな」
「ぁ……フェイトちゃんっ!」

はやてが来たから、と出て行こうとするフェイトを呼び止めて駆け寄る。
一段降りたフェイトと上にいるはやての顔の位置はこれで同じ。

「なに? はや……」

フェイトが振り向いたときには振り乱した銀の髪が間近にせまり、唇が奪われていた。
顔を赤くしてうつむき気味にして顔を離す。
フェイトは指を自分の唇に当てて感触をたしかめているのだろう。

「お、お返しやからっ!」

フェイトの目前に指を突きつけたはやての顔は赤い。
いつの間にか瞳の色も髪の色も元に戻っている。

「んもう、やられちゃった♪」

少し距離のあるはやてを捕まえて抱き寄せる。
やはり嫌がるはやてだがまんざらでもなさそうだ。
それを知ってか知らずか、いやそんなこと関係なしにフェイトは抱きしめ続けるのだった。

ちなみに誰が気づくというわけでもないが、情報量の多さにユニゾンの解けたリインは床に落ちていた。
それを解析したマリーがニヤニヤするのは時間の問題。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://featherjareru.blog79.fc2.com/tb.php/31-1191b4ea

«  | ホーム |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

風切 羽

Author:風切 羽
あるチャットに出入りしてます
リクエスト受け付けているので是非
ちなみにこのブログはリンクフリーです
ご用の方は
hane.feather☆live.jp
☆を@にメールをどうぞー

 

FC2カウンター

 

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QRコード

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。