Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつもそばに 一話

えー、どうも(=ω=`

一日とか言ってたら二日経っちゃったw

しかもそれでもまだ完成してないって言う……

い、いや、いいんだよ
三話にまとめるからw

なんだろう、進みが悪いのは普通のカップリングだからなのかな?w
まあ、現時点ではユーなのとは違う感じがしなくもないけどねw

ではどうぞ~

 気温も上がってきてそよぐ風も心地よい、ミッドチルダもそんな季節になってきた。
 だがその移り変わりは外界だけの話であり、密閉された室内はその限りではない。
 一年を通して気温、湿度、その他の条件がほぼ不変な場所があることも忘れてもらっては困る。  そう、その最たる例が無限書庫。整理され始めたとはいえ、その名前にもあるように無限という数の本が溢れかえっている。中には蔵書の類もあるためにうかつな事は出来ないのだ。
 しかし膨大な情報が溢れんばかりのこの場所は、その実外界の情報を手に入れるには不向きな場所でもある。
 そんな場所にもし、こもりきりな人間がいるとしたらどうだろう。

「司書長ー、ユーノ司書長ー」

 多くの周りに浮かぶ本に意識を向けているのは無限書庫の中枢でもある司書長、ユーノ・スクライア。
 名前を呼ばれているはずのユーノは漂ったまま一向に返事も返さず何の動きも見せない。
 名前を呼んだ少女はいつもどおりと言ったように肩をすくめ、空中を漂う司書長へと近づいていく。

「ほら、ユーノ~」

 浮かびながら何冊もある本に意識を向けるユーノの目は閉じられていて彼女の姿は映らない。
 声をかけても手を振ってみても目を瞑ったままピクリとも動かない。動いているとすれば周りの本だけ。
 さすがにため息もこぼれる。
 しばし考えた少女だったが途端に弾かれたようにみみが立つ。
 そして少女はにやけた顔で静かに、気づかれないように慎重な動きでユーノの顔の前から下方へと移動していく。
 空中で座っているような格好で足を投げ出しているユーノを驚かせようというのだ。
 足先から手を伸ばしてつま先まであと数センチ。

「ん、何をしてるんだい、アルフ?」

 そんな作戦もあっけなくユーノに気づかれて失敗に終わった。
 少女の表情はぽかんとしたものから徐々に呆れたようなものへと変わっていく。

「なんで呼んでも気づかないのにこういうのばっかりは気づくかねぇ」
「さぁ、たぶん誰かさんがよくちょっかいをかけてくるもんだから慣れたんじゃないかな?」

 皮肉の応酬をものともせずに笑って見せるふたり。
 そのうちのひとり、いたずら心満載な少女はアルフ。元はフェイトの使い魔でありパートナーだったのだが、今では無限書庫でユーノとバカをするような間柄だ。
 彼女は使い魔であるために存在するだけで魔力を消費する。そのため、戦うことがなくなった彼女は主であるフェイトの魔力消費を抑えるために体を小さくした。
 しかし素体となった狼の名残というものは消えずにみみとしっぽがそのままになっている。といっても隠す気もないのだろうが。

「あ、そうそう。なのは来てるよー」
「へー……えっ!?」

 知人の名前にいきなりあわてるユーノを尻目に口笛でも吹きそうなほど上機嫌で頭の後ろで腕を組むアルフ。
 その様子にユーノは気が気でない。

「アルフ。今、なのはが来たって言ったよね!?」
「ん~、んー?」

 これはこれでおもしろいのか曖昧な返事でユーノの言及をのらりくらりとかわしていくアルフ。

「待たせちゃ悪いからさ、早く教えてよ」

 さすがにそのとおり。
 人を待たせているのだから早くするべきである。
 いくらユーノがからかい甲斐があると言ってもさすがになのはまで巻き込むのも悪いだろう。
 だが多少の抵抗を見せないままというのもアルフの勘に障るものがあるようだ。

「大丈夫だよ、本読んで待ってるから。本読んでるとそれなりに集中してるみたいだから時間感覚なんてないんじゃないかぁ? なのはもそういうとこはあんたに似てる……ってもういないし」

 アルフは片眉を上げて鼻から息を長く吐くと辺りに散らばった本を手早くまとめるのだった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://featherjareru.blog79.fc2.com/tb.php/72-75d59d5c

«  | ホーム |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

風切 羽

Author:風切 羽
あるチャットに出入りしてます
リクエスト受け付けているので是非
ちなみにこのブログはリンクフリーです
ご用の方は
hane.feather☆live.jp
☆を@にメールをどうぞー

 

FC2カウンター

 

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QRコード

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。